Paul Mauriat - ポール・モーリア
(1925.3.4 - 2006.11.3)

マルセイユの音楽学校卒業後、一旦は親の願いを聞き入れ郵便局の職員になったものの、2年後の1943年にプロのピアニストとしてデビュー。南仏を中心にポールのピアノそしてオーケストラ指揮は人気を獲得していきました。その後パリに上り同郷のフランク・プゥルセルの紹介で仕事を始めますが、ここでも斬新なアレンジは評判を呼び、ダリダやレオ・フェレといった有名歌手からオーケストレーションの依頼が舞い込むようになり、特にシャルル・アズナヴールからは絶大な信頼を寄せられ、120 を越える作品を提供しました。1965年、念願のオーケストラによる録音を本格的に開始。1967年「恋はみずいろ」が全米で5 週間1 位を獲得することで、その名は世界中に知られるようになります。

Too Much Heaven

Rain and Tears

C'est La Vie... Lily

Le Lac Majeur

Je Pense Á Toi

1957-1963

『ブラジル集』他

『小鳥と子供』他

オリジナル5集、Viva

Joue Les Beatles

Love is blue

オリジナル3集、6集

オリジナル1集、2集

ドイツ向け録音 他

窓からローマが… 他

70th Anniversaire

Chromatic

Overseas Call

Prestige De Paris

Gone Is Love

Forever And Ever

芸術の集大成

Box Set 4

Box Set 3

Box Set 2

Box Set 1

40th Anniversary

Memorial [DVD]

I Will Follow Him

Best of

Sayonara [DVD]

Lo Mejor de

Sayonara [CD]

THEMAS DEL CINE

CINE 2

●こちらは「私のレコードアルバム」のコーナーで紹介しています。

Live in Japan