New Disc Guide

 2008年マスタリングでオリジナルの音が聞ける


Universal[JAPAN]
UICY-8067/8
P. 2008.3.26

Love is Blue 40th Anniversary

 48曲入って2500円という超破格値の上、初CD化曲も多く含まれているということで、イージー・リスニング・ファン必聴のアルバムでしょう。しかも代表曲を網羅し、ほとんどが旧録音、さらに音がいい!といううれしい内容です。
 この中でルフェーヴル・ファンとして興味を惹いたのは「憧れの地平線」ではないでしょうか?イントロ部分はルフェーヴルのオカリナに対してモーリアはハーモニカと、南フランスの牧歌的なイメージをメロディ(楽器)でどう伝えていくか、というアプローチが似ているのがおもしろいですし、全体的にはモーリアはニーノ・フェレールの原曲に近いポップなイメージ、ルフェーヴルは歌われている内容を再現した南フランスののどかな情景が浮かんでくるようなゆったりした演奏になっているあたりも、この当時の2人のアレンジャーの非常に象徴的な音作りだと思います。(2008.04.20)

Disc 1

01. Love Is Blue - 恋はみずいろ
02. Penelope - エーゲ海の真珠
03. Toccata - 涙のトッカータ
04. Emotion - 想い出のトッカータ
05. A Summer Place - 夏の日の恋
06. Mon Vieux Paris - 懐かしいパリ
07. Le Sud - 憧れの地平線
08. Yo Soy Aquel - はるかな想い
09. Love Theme From "The Godfather" - ゴッドファーザー~愛のテーマ
10. Day By Day - デイ・バイ・デイ
11. C'est La Vie - セ・ラ・ヴィ
12. Piano Ballade - 哀しみのショパン
13. Fais Comme L'oiseau - 小鳥のように
14. I Heard It Through The Grapevine - 悲しいうわさ
15. El Triste - エル・トリステ
16. The Fool - おばかさん
17. Yesterday - イエスタデイ
18. La Reine De Saba - シバの女王
19. Pearl Fishers - 真珠とり
20. Il Etait Une Fois - ただ一度だけ
21. Quand Vient L'ete - 夏のあしあと
22. Pobre Diablo - 悲しい悪魔
23. Viens Viens - レイン・レイン
24. Noctune - 蒼いノクターン

Disc 2

01. El Bimbo - オリーブの首飾り
02. ELa Chanson Pour Anna - 天使のセレナード
03. EMinuetto - 薔薇色のメヌエット
04. EPrelude 59 - 渚のプレリュード
05. EI Like Chopin - アイ・ライク・ショパン
06. EMachu - Picchu - カリブの白い砂
07. EPapa Tango Charly - パパ・タンゴ・チャーリー
08. EDescendant Of The Dragon - 龍の伝人
09. EDon't Give Up On Us - 安らぎの季節
10. Freedom Come Freedom Go - フリーダム
11. Le Piano Sur La Vague - 白い渚のアダージョ
12. Adoro - アドロ
13. Danza Ritual Del Fuego - 火祭りの踊り
14. Cuando Quieras...Dajame - ゆれる想い
15. Ghost Story - ゴースト・ストーリーのテーマ
16. Amapola - アマポーラ
17. Voici Les Cles - 幸せの鍵
18. Red Dust - レッド・ダスト
19. Pegase - ペガサスの涙
20. Last Tango In Paris - ラスト・タンゴ・イン・パリ
21. La Chanson De Lara - ララのテーマ
22. Contigo Mi Vida(D'apres Le Concerto No.21 De Mozart) - 短くも美しく燃え
23. I Love Breeze - 私は風が好き
24. Building The Groove - ビルディング・ザ・グルーブ