L'Encyclopedie de Raymond Lefèvre

仏オリジナル盤に収録されていない作品を収めた主なシングル盤

Do It Now / Day by Day

 「ドゥ・イット・ナウ」はアメリカで編成されたオリジナル・アルバムには入っていたが、フランスではどのアルバムにも収録されず、このシングル盤のみで発売されていた模様。
P. 1972 Barclay

The Sound of Love / Les Enfants du Siècle

 フランスでもシングル盤でしか出たことがなかった模様で、ファンの間でも永らく知られていなかった作品。ジャケットは単に"THE SOUND OF LOVE"とだけ書かれている。
P. 1974 Barclay

幸せのコンチェルト LES QUATRE SAISONS - LE PRINTEMPS
雪の降る街を Yuki No Furu Machi O 

 1975年の来日公演で披露された2曲を早速レコーディング。『潮風のマリー』のアルバムに入れなかったのは、1曲だけ日本の曲が入ると雰囲気が崩れると判断したためか?
P.1976 KING HIT-2247

グッデイ・グッタイム Good-day Good-time (Le Festival de Automne)
渚のトランペット Le Concerto de La Mer

 FM東京主催のイベントのテーマ曲をルフェーヴルが作曲。ジャケットの裏に譜面が掲載され、歌詞の応募要項も書かれている。「渚のトランペット」はその後、コンピレーション・アルバムに収録されたこともある。
P. 1978 KING CM-150

ラヴ・ワールド Monde D'amour
愛のシンフォニー Une Simple Melodie

 FM東京の人気番組のテーマ曲を録音。バロック風でちょっとノーブルな感じがスポンサーや番組の意向とマッチしたのか、一度ピエール・ポルトの演奏のものに変えられたものの復活し、かなり長い間使われた。
P. 1979 KING CM-261

流れゆくまま〜「ノーマ・レイ」 Norma Rae
マイ・ライフ My Life

 前出の「ラヴ・ワールド」と同時にキングレコードが録音を依頼した映画音楽曲。映画はまったく話題にもならなかった。
P. 1979 FMS-108

欽ちゃんの週刊欽曜日のテーマ Jump with Kinchan
男と女のポエム Une Poeme Pour Un Homme et Une Femme

 コメディ番組のテーマ曲を演奏した異色作。喜劇俳優ルイ・ド・フュネスの映画を担当してきたので、本人としてはごく普通に取り組んだのかもしれない。
P. 1983 LONDON S07B-1015