L'Encyclopedie de Raymond Lefèvre

Festival Des Meilleures Musiques de Films

P.1977 Barclay 90183

1. PROVIDENCE
2. MORT D'UN POURRI
3. EMMANUELLE 2 - L'AMOUR D'AIMER
4. LA LECON PARTICULIERE
5. SCENE D'AMOUR(BILITIS)
6. STAR WARS
 
1. LOVE SYORY
2. GIOCHI PROIBIT(ROMANCE ANONYME / JEUX INTERDITS)
3. VIVRE POUR VIVRE
4. CHANSON D'ORPHEE(ORFEU NEGRO)
5. LES PARAPLUIES DE CHERBOURG
6. HISTOIRE D'O(JE NE SUIS QUE DE L'AMOUR)


Face A ◆ (1) プロヴィデンス (2) アラン・ドロンの虫ケラの死(チェイサー) (3) #続・エマニエル夫人 (4) 個人教授「愛のレッスン」 (5) #「ビリティス」愛の詩 (6) #スター・ウォーズ
Face B ◆ (1) #ある愛の詩 (2) 禁じられた遊び〔旧録〕 (3) パリのめぐり逢い (4) 黒いオルフェ〔新録〕 (5) シェルブールの雨傘〔旧録〕 (6) #O嬢の物語
※#印は再収録曲

 76年カンヌ映画祭のポスターを使ったジャケットはアート・フルで美しいが、演奏は経費節減のせいか小じんまりとしていて、今のゴージャスなビクター時代と比べると、何とも物足りない。「黒いオルフェ」なども、59年録音のサンバ・レントの演奏の方が、キリリとしていて好きだ。<市倉>

 私自身ほとんど針を下ろさないレコード。「アラン・ドロンの虫ケラの死」はトランペット、「個人教授」ではサックスをフィーチャーして新スタイルのアレンジに挑戦はしているが、どうもパッとしない。でも、再録音のある「禁じられた遊び」「シェルブールの雨傘」はこの盤の方がまだマシか。録音状態良好。ジャケットは悪くない。日本向けの「モアー」「ラスト・コンサート」は良かった。<北川>

 76年カンヌ映画祭のポスターを使ったジャケットはアート・フルで美しいが、演奏は経費節減のせいか小じんまりとしていて、今のゴージャスなビクター時代と比べると、何とも物足りない。「黒いオルフェ」なども、59年録音のサンバ・レントの演奏の方が、キリリとしていて好きだ。<市倉>

相当する日本のオリジナル盤

『スター・ウォーズ』 KING GP-541 (1978.2)

日本では、(1)〜(5)までの特別録音が追加され発売された。

●Side A
(1)アラビアのロレンス〔新録〕 (2)短くも美しく燃え (3)ラスト・コンサート (4)世界残酷物語「モアー」 (5)悲しみよこんにちは (6)シェルブールの雨傘〔旧録〕
●Side B
(1)個人教授「愛のレッスン」 (2)パリのめぐり逢い (3)黒いオルフェ〔新録〕 (4)プロヴィデンス (5)禁じられた遊び〔旧録〕 (6)アラン・ドロンの虫ケラの死 (7)ある愛の詩

new recordings for Japan market : "Laurence D'Arabie" (A-1), "Dedicato A Une Stella" (A-3), "More" (A-4), "Bonjour Tristesse" (A-5)