ジャン・ジャック・ジュスタフレの来日公演のチラシと新聞広告

 ジャン・ジャック・ジュスタフレの来日公演について、チラシや新聞広告などを集めてみました。

こちらは、先行発売開始時につくられたもの。

その後開催されたロシア公演の写真を素材に新たにつくられたもの。

「ポール・モーリア・サウンドが蘇る」を強調したのは、いかにも大阪。

大阪公演のチラシに触発されて?作られた最終チラシ。会場でも配られていた。

こちらは韓国公演のチラシ。今回のコンサートを見に来られていた、韓国のファンの方からいただきました。なんか、かっこいい…。

朝日新聞(東京版)に載った広告

こちらは元旦に発行の朝日新聞(大阪版)に掲載された新歌舞伎座の広告。キム・ヨンジャ、水戸黄門、藤山直美、渥美二郎、五月みどり、大橋純子、松崎しげる、そして、コニー・フランシスから美空ひばりまでなんでもやっちゃうオーケストラまで。歌舞伎はいつやってるの?と突っ込みたくなるが、大阪はそういう街。

左は広告を部分拡大したもの。右は1月2日の新歌舞伎座チケット売り場に掲出されたポスター。問い合わせの数も多く、新歌舞伎座の会員の方による先行予約でほぼ埋まってしまい、2月末から予約開始されると、あれよあれよという間にA席から完売。全部売り来ちゃったそうです。(追記:売り切っちゃったのは「昼の部」の方だそうです。)

左は2/23に産経新聞に掲載されたカラー広告。
右は朝日新聞(大阪版3/5)に載った広告。昼のA席は完売と書かれている。

ルフェーヴルさんがお元気なうちに、こんな企画やりたかった。手軽に大容量の画像がアップできるようになったのも、ここ最近ですからねぇ。