New Disc Guide

 ポルナレフの日本のみで編成されたオリジナル盤

Universal(JP)
Polydor
UICY-3110
発売日:2001年2月21日

ポルナレフ・ナウ / ミッシェル・ポルナレフ

 日本で発売されたポルナレフの4枚目のアルバム。このアルバムは日本独自の企画アルバムでそのため発売許可がなかなか下りなかったということですが、名曲揃いでこのアルバムをはずしては日本でのポルナレフの歴史は語れないでしょう。ルフェーヴル盤では当初「涙の湖」というタイトルで紹介された「忘れじのグローリア」はやはりすばらしいですし、「哀しみの終わるとき」も短い演奏ですが趣深い曲で、インスト盤の方もチェンバロなんかを使っていい雰囲気ですね。そして、なんと言っても山中鹿之助さんのライナーノーツも力がこもっています。そう言えば、「忘れじのグローリア」は今やクレイダーマンの専属作曲家とも言えるポール・ドゥ・センヌビルの作品でした。
 なお、ルフェーヴルが取り上げたポルナレフの作品は「愛の願い」「バラ色の心」「忘れじのグローリア」「ラース家の舞踏会」「愛の休日」「哀しみのエトランゼ」「愛のシンフォニー」「グッドバイ・マリールー」の8曲。「グッドバイ…」はエピックソニーから出ている「カーマスートラ」というCDが現役盤でまだ店頭に残っていますが、「哀しみのエトランゼ」「愛のシンフォニー」は輸入盤でないと現在のところ入手不可です。 (2001.05.03)

Disc 1

01. Qui A Tué Grand' Maman / 愛のコレクション
02. Holidays / 愛の休日
03. Gloria / 忘れじのグローリア
04. Comme Juliette Et Romeo / ロミオとジュリエットのように
05. Je Suis Un Homme / 僕は男なんだよ
06. Ça N'arrive Qu'aux Autres / 哀しみの終わるとき
07. Tous Les Bateaux... Tous Les Oiseaux / 追わないで(渚の想い出)
08. La Michetonneuse / 素的なランデブー
09. Dans La Maison Vide / 想い出のシンフォニー
10. Dame Dame / 愛はあの人の胸に
11. Allo Georgina / ギリシャにいるジョルジナへ
12. Ça N'arrive Qu'aux Autres / 哀しみの終わるとき(インスト)