New Disc Guide

 ダリダのほぼ全録音を網羅した全集

Universal(FR)
発売日:2017年

Les Diamants Sont Eternels

 ミッシェル・ポルナレフ、フランソワーズ・アルディ、クロード・フランソワといったフランス・ユニバーサル・ミュージック所属のアーティストの全集が発売されていましたが、それにダリダも加わりました。ダリダは没後25年の際に23枚組の全集を発売していましたが、それをベースにしたものと思われます。
 ライヴ盤が2枚しかないというのが残念で、できればインタビューなどがほとんどの最後の2枚を入れ替えてでも収録していただければよかったと思います。私もダリダの曲は大部分持っていますし、持っていない曲はネットで試聴して買えばいいのですが、LP/CD世代の人間としては写真や作曲者情報などとともに聞きたいものです。かなり迷ったのですが買ってしまいました。
 CD1枚あたり500円程度。こうして通して聴くと、こんな曲も歌ってたんだなぁ、と新たな発見があります。ダリダの作品は「バンビーノ」「あまい囁き」「傷ついた小鳥」「待ちましょう」など、他人の曲をリメイクした作品が多いですが、バックの演奏が優れている上に、それを見事に自分のものとしている歌い方にオリジナリティを感じます。
 今回、アレンジャーのクレジットも細かく載っているかと期待したのですが、それはなかったです。

(2018.09.01)