New Disc Guide

ブラシオのタンゴ・アルバム

BMG-US LATIN/ARIOLA
74321-88826-2
(P)&(C) 2002

Di Blasio - Gardel / TANGO

 昨年秋に発売される予定だったものが伸び伸びになって、ようやく発売されました。
 オーケストラはロンドン交響楽団で、迫力あるストリングスとホルンが入って濃厚なサウンドを聴かせてくれます。「わが愛しのブエノスアイレス」の最初の部分なんかいいですよ。非常に聞きやすい美しい演奏で、ラテン音楽の奥の深さを教えてくれます。そしてそれは大音量で聴いてこそ感じ取れます。04,07はソロ・ヴォーカル入り。ほかもコーラス入りがほとんど。01,04,05,11はクレイダーマンもやっています。比較してみるとおもしろいですよ。ここらへんのサウンドの違いはやはり、流れている血なのでしょうね。(2002/08/30)

Disc 1

01. MI BUENOS AIRES QUERIDO(わが愛しのブエノスアイレス)
02. POR UNA CABEZA(恋の競り合い)
03. MELODIA DE ARRABAL(場末のメロディー)
04. EL DIA QUE ME QUIERAS(想いの届く日)
05. VOLVER(帰郷)
06. CUESTA ABAJO(下り坂)
07. LEJANA TIERRA MIA(遥かなるわが故郷)
08. LOS OJOS DE MI MOZA(わが娘の瞳)
09. GOLONDRINAS(つばめ)
10. RUBIAS DE NEW YORK(ニューヨークの金髪娘)
11. EL DIA QUE ME QUIERAS(想いの届く日)