New Disc Guide

iTunesやAmazonなど ネット配信でルフェーヴルのオペレッタ集

レイモン・ルフェーヴル/オペレッタの花束

 ビクターに届いているルフェーヴルのレコーディング・リストにも載っている、バークレーで録音されたレイモン・ルフェーヴル名義の正規の録音ですが、歌入りの純粋なオペレッタの作品集ということで他のアルバムの中に交じって発売されることなく、1回だけ発売されたっきりだったようです。録音から50年経過して著作権の隣接権が切れたことで、このような形でリリースされたようですが、通常のポピュラー・オーケストラとは違うスタイルですのでルフェーヴルらしさはほとんど感じられません。興味があったら試聴してみてください。
(2018/1/27)

Disc 1

<L'auberge du cheval blanc>白馬亭にて(ラルフ・ベナツキー)
01. Act I: Si vous le voulez
02. Act I: Quand le baromètre s'est mis à monter
03. Act II: Air de Léopold
<Ciboulette>シブレット(レイナルド・アーン)
04. J'ai 25 ans
05. Ah! Si Vous Étiez Nicolas
06. Nous Ous Avons Fait Un Beau Voyage
<Dédé>デデ(アンリ・クリスティーネ)
07. Act I: En sortant du 30 et 40
08. Act II: Parce qu'entre nous j'avais deux femmes sur les genoux
<Véronique>ヴェロニク(アンドレ・メサジェ)
09. Act II: Duo De L'escarpolette
10. Act I: Petite Dinde
11. Act II: Duo De L’âne
<Phi-Phi>フィフィ(アンリ・クリスティーネ)
12. Act I: Quand je la croisai l'autre soir
13. Act III: Les jolis petits païens
<La fille de Madame Angot>アンゴ夫人の娘(アレクサンドル・シャルル・ルコック)
14. Act III: Je trouve mon futur charmant
15. Act II: Elle Est Tellement Innocente
16. Act III: Air De La Fille De Mme Angot
 
※配信版の曲名はオリジナル盤の曲目表記と若干異なります。以下がレコード発売時の曲名です。
 邦題は調べがつかなかったので、原題をそのまま訳しました。
Original: Barclay 80182
<face A>
01. Je Vous Emmènerai Sur Mon Joli Bateau / あなたを私の美しい船に連れて行こう
02. L'auberge Du Cheval Blanc / 白馬亭
03. Pour Être Un Jour Aimé De Toi / あなたから愛される一日になるために
04. J'ai 25 ans / わたしは25歳
05. Ah! Si Vous Étiez Nicolas / ああ、もしあなたがニコラだったら
06. Nous Ous Avons Fait Un Beau Voyage / 私たちは素敵な旅をした
07. Dans La Vie Faut Pas S'en Faire / くよくよするな
08. Je M'Donne / 身を捧げる
<face B>
01. Duo De L'escarpolette / 《二重唱》ブランコ
02. Petite Dinde / 小さな自惚れやさん
03. Duo De L’âne / 《二重唱》愚か者
04. Le C'est Une Gamine Charmante / かわいい少女
05. Les Petits Païens / 小さな異教徒
06. Trio De La Fille De Mme Angot / アンゴ夫人の娘の三重唱
07. Elle Est Tellement Innocente / 彼女はこんなにも無邪気だ
08. Air De La Fille De Mme Angot / アンゴ夫人の娘のアリア